ケーキ屋など犬同伴OKなイートインを楽しもう!飼い主に必要なマナーやコツ

12_ケーキ屋 イートイン 犬同伴OK

ケーキ屋などのイートインに犬の同伴がOKな店があります。愛犬がいる人にとっては、いつもは持ち帰るスイーツをその場で一緒に味わえる、何とも嬉しいサービスです。ただし犬を連れてお茶を楽しめるドッグカフェとは違い他のお客さんも多くいる場所なので、飼い主にはマナーが必要になります。犬同伴でのイートインの楽しみ方のコツを紹介します。

犬同伴OKなケーキ店などのイートインを楽しもう

ケーキ屋やパン屋などの中には、通常持ち帰るスイーツやパンなどを店内で楽しめるようにイートインのスペースが設けられていることがあります。そして最近では、犬の同伴OKな店も増えています。お気に入りのお店で愛犬とゆったり過ごせたら、嬉しいものです。店によっては犬用のクッキーなどのフードを販売していることもあり、犬仲間と互いの愛犬同伴でお茶したりお誕生日を祝ったりもできます。

ただし、忘れてはいけないのがイートインは犬同伴の人ばかりが集まる「ドッグカフェ」とは違うという点です。他のお客さんも多く来店するからこそ気を付けなければいけない事も多々あります。万全の準備をしてマナーを守ることで、愛犬とイートインでのひと時が楽しいものになるでしょう。

犬同伴でケーキ店などのイートインを楽しむために万全の準備を

まずは、安心してイートインに連れて行けるように準備をしましょう。これらの準備は、一度覚えてしまえばイートインに限らず犬同伴OKのレストランやカフェ、動物病院などのあらゆるお出かけの際に役立つはずです。

連れて行ける状態の犬かどうか

イートインに入店する際に厳重なチェックがあるわけではありませんが、安心して連れて出かけられる状態かどうかは飼い主として把握しておく必要があります。具体的には、「狂犬病ワクチンを接種している」「ノミやダニがいない」「他の人や犬に攻撃的ではない」「病気や感染症の疑いがない」状態でなければ、連れ出すのは難しいでしょう。また、「基本的なしつけができている」ことは大前提です。

持ち物をチェック

飼い主や犬自身の匂いがついた「カフェマット(ステイマット)」があれば、落ち着いて過ごせます。抜け毛防止には「洋服」を着せていくのが効果的です。「水飲み用グッズ」や「犬用食器」も持参しましょう。

お腹を満たしてから

空腹の状態では落ち着いて店内で過ごせません。お腹を満たしてあげてから出かけましょう。もしも犬用の食事やお菓子などが売られているようなら、店内で与えることもできます。

運動させてトイレも済ませてから

運動していないと、早くお散歩したくて落ち着かなくなってしまいます。適度な運動をして満足させてから、トイレも済ませて向かいましょう。

お店の事前チェック

お店のホームページなどで、イートインスペースの場所や席数、使用のきまりなどをチェックしておくと安心です。ドッグカフェと違って、犬を連れてのイートインが可能でも席は限られた場所の事も多いです。イートイン使用時にスタッフに聞いてみてもいいでしょう。

犬同伴でのイートインの入店マナー

事前の準備とともに、犬同伴でイートインに入店する際のマナーも押さえておきましょう。

リードは短く

リードをしていくのはもちろんですが、他のお客さんに迷惑がかからないよう短くしましょう。伸び縮みするタイプのものは注意が必要です。

足もとに居させて目を離さない

小型犬だからといって、人用の椅子やソファに座らせるのはNGです。また、大型犬がテーブルに前足を掛けるのもマナー違反です。足もとに居させて目を離さないようにしましょう。

椅子に座らせるのがOKな店もあります。その場合も直接座らせずに持参したカフェマット(ステイマット)の上に座らせるようにします。

人用の食器やスプーンを使わない

家族の一員である愛犬でも、自宅と同じ感覚で人用の食器やスプーンなどを使わせるのはやめましょう。必要な場合に備えて持参しておくと安心です。

ブラッシングや爪切りをしない

イートインスペースに限らず、自宅以外でブラッシングや爪切りをするのは他のお客さんへの配慮を欠く行為になってしまいます。抜け毛が気になる場合には、自宅でブラッシングなどを済ませておくとともに洋服を着せておくと抜け毛が舞うのを防げます。

他の犬との挨拶は飼い主の同意を得てから

もしもイートインに他の犬連れの方がいると、嬉しくてついつい犬同士挨拶させたくなってしまうものです。ただし、他の犬がいることでおびえてしまったり吠えてしまったりする犬がいることも忘れてはなりません。飼い主さんの同意を得てからにしましょう。

長居をしない

イートインがドッグカフェと違う点は、カフェがメインのお店ではないという点です。ゆったり過ごすのが目的のカフェとは違って、買い物をして買えるお客さんがメインの店で、サービスとしてちょっとしたスペースを用意しているのがイートインです。カフェ気分で長居するのは、他のお客さんに迷惑がかかり愛犬にとっても負担になってしまうことを忘れないようにしましょう。

まとめ

愛犬との散歩の途中、お気に入りのケーキ屋に立ち寄ってイートインで一休み…なんて、想像しただけでワクワクしてしまう光景です。自分自身と愛犬が楽しむためには、他のお客さんに迷惑をかけずに過ごすことが大切です。準備を万端にしてマナーを守った上で、イートインで愛犬と楽しい時間を過ごしてください。

船橋にある「Sugar Shack(シュガーシャック)」は、素材と季節感にこだわって作るスイーツの店です。小さいですがイートインのスペースもございます。テラス席では愛犬の同伴OKとなっております。素材にこだわって作られた愛犬用のおやつ缶も販売しており、缶のデザインも愛犬家心をくすぐるとご好評をいただいております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031