クリスマスのこと

2022124171340.JPG

 

ブログ。

なかなか書けていません。汗。

日々、お店で感じたことやお客様に知って頂きたいことや、ご要望等もお伺いしたいと思いながらなかなか出来ず。。。

お店が冬休み期間に入り、やっと少し書いてみようと思います。

今回はこの冬のクリスマスの事を少し。

 

節分と立春を目の前にしてクリスマスに遡るのも何だかですが・・・笑。お付き合いください。

 

今年のクリスマスケーキのメニューに「スペシャルいちごのクリスマス」というケーキを入れました。

内容は、いつものクリスマスケーキのデコレーションに、クリスマスのデコレーションに欠かせない?!としていた「サンタクロース」などの砂糖菓子を外して、生クリームもデコレーションをせずに、その代わりに苺をたっぷりとのせたケーキです。

 

私は「クリスマスにはサンタクロースは欠かせないパーツ」として、クリスマスケーキの特に王道で、お子様のいるご家族に人気の「苺のショートケーキ」には絶対にこの砂糖菓子が不可欠と信じていました。

実際、我が家の子供は真っ先にサンタクロースをケーキから取り口にほおばり、まずはサンタさんの帽子をガリガリと食して、サンタさんの頭を丸坊主に仕上げてからメインのケーキにフォークを挿すのですから・・・。

 

ですが、ある時、お客様からこのようなご意見を頂きました。

そのお客様は、小さいお子様はいらっしゃらないご家族の方です。

「もっとたっぷり苺がのったケーキは無いの?」と。

他のお客様からも、

「せっかくのクリスマスなんだから、特別に苺がたっぷりと乗ったケーキがパーティーの最後に食べたいじゃない?!」。

小学生のお子様のいらっしゃるお客様からは、

「この子、苺が大好きだから、苺の料金別だっていいからさっ!たくさん乗せてよ!」。

などなどのお声をこの3年くらい数回いただいていました。

しかしながら、実はクリスマスシーズンにケーキ屋さんに卸される苺の値段はス―パーで売られている苺よりもずっとお値段が良いのです。

言うならば、旅行に行くときの新幹線や飛行機チケット、ホテルなどの旅費が「ハイシーズン価格」となるようなイメージです。

そんなこともあり、とても苺のハイシーズンに乗りに乗っかって苺をたっぷりとのせたケーキをクリスマスケーキとして打ち出そうなど怖くてできませんでした。

そして、何十台、何百台と作るご予約の一つをお値段を頂いたところで特別対応に仕上げて予約管理をすることは困難でした。

 

それならば、価格をそれに見合ったものにして、一つのメニューにしてみたらどうだろうか?

お客様がそれでもOK!とご予約を頂くならそれがきっとお客様の求めていらっしゃるものに違いない!と。

 

こうして数年にわたり数名のお客様からの意見をいただいた事でやっと今年、いちごをショートケーキの表面全部に惜しみなくのせた「スペシャルいちごのクリスマスケーキ」を実現してみました。

 

たくさん予約を取ることは出来なかったので、いわゆる「数量限定」とさせて頂きましたがこれが実は、今回のクリスマスケーキの中で一番初めに完売となりました。

もちろん価格もスペシャルにさせて頂きましたが・・・笑、

私も、このクリスマスケーキ初めてお渡しをした時に、苺が特別に推しではない私でさえ、このたっぷりと苺に覆われたケーキをみて思わず「おいしそう!」とお客様の前で言ってしまい笑われてしまいました。

 

今年はその代わりに、去年まで販売していたパンフレットから「ピスタチオ・ノエル」をお休みしました。

こちらは、こちらで、楽しみにされていただ方も多いようで「残念~!」とのお声もいただきましたので来年の課題に是非させていただきます。

 

直ぐには実現できないことがほとんどではございますが、引き続きお客様にもこうしてちょっとした、ご意見頂けましたらいつかの参考にさせていただきます。

 

初めに挙げたお客様のお声のひとつにあった「クリスマスだもの!」「特別」なことは、クリスマスにご来店頂くお客様のご様子からも感じ取れました。

 

寒い中、お並び頂いているお客様にお声をかけていると、いつもはシンプルな装いのお客様が素敵なお洋服にメイクをされているお客様。

お手元を見れば、おしゃれな女性の方はとても素敵なネイルをされているお客様。

耳元にはキラリと特別に綺麗なものが光っているお客様。

 

 

クリスマスにはダウンにレッグウォーマーにと、「ザ!防寒対策」に必死な私にとって、憧れです。

クリスマスモチーフのネイルやアクセサリーを身に着けたお客様にお目にかかるたびに、ワクワクしてこっそりウキウキしています。

そして、お客様も特別に感じられている日なのだとその都度感じておりました。

 

クリスマスが終わったばかりには正直、疲弊しており考えることも出来ないのですがこうして毎年冬休みを頂戴するくらいの時期になると、やっと振り返りが出来ております。

そして、もう来年のクリスマスケーキの事やお客様の事を考え始めてしまうくらいやはり私はケーキが、ケーキ屋さんが、大好きみたいです♪

 

さて、苺の価格は毎年毎年変わるもの。

また、仕入れる日によっても変わるもの。

せっかくなので、来年もこのケーキは数量を増やしてご用意しようと思います。

 

シュガーシャックでお世話になっている八百屋さんは、なんとかギリギリの価格で届けていただいています。きっと、苺のサイズも価格も産地もそして、何より注文分の苺をキチリとケーキ屋さん1件ごとに収めるのも容易でないことと察します。

本当に感謝です。

 

それでも、、、世の中の前触れ通りに・・・・今年の苺は「高かった!」。です。

来年、価格がもっとスペシャルになってしまったらごめんなさい。と、12月の経理処理をしております。汗。

 

本当に、たくさんのご予約を頂戴し誠にありがとうございました。

 

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031