お正月の手土産に最適なお菓子の選び方は?ご挨拶のマナーも紹介

5_お正月-手土産-お菓子

お正月には、家族や親戚、仕事先の人など、日頃からお世話になっている人へとご挨拶に伺う機会が多くあります。その際に欠かせないのが手土産ですが、毎回どのように選ぶべきか迷っているという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、お正月の手土産として最適なお菓子の選び方と、挨拶のマナーをご紹介します。

お正月のご挨拶には手土産を持参しよう!マナーをおさらい

ここでは、お正月のご挨拶に伺う際や、手土産を渡す時のマナーをおさらいしておきましょう。

親戚やお世話になった人への渡し方

お正月には、義実家や親戚の家、日頃からお世話になっている人の自宅へご挨拶にいく際には、手土産を持参しましょう。玄関先に着いたら、コートや上着を脱ぎ、インターホンを鳴らします。玄関では簡単に挨拶を済ませ、室内で改めて新年のご挨拶を行いましょう。新年のご挨拶が終わったら、持参した手土産を渡します。お仏壇のあるお家では、ご仏前にも挨拶をさせてもらいましょう。

万が一、冷凍品や冷蔵品の手土産を持参した場合には、玄関先で早めに渡してもかまいません。

ビジネスでの手土産の渡し方

お正月が明けてから、年始の挨拶回りをする場合にも、必ず手土産を持参しましょう。手土産は紙袋に入れて持参し、担当者が椅子に座った頃合いを見計らって、紙袋から取り出した状態で渡します。その際には、「どうぞ皆さんで召し上がってください」と一言添えるとよいでしょう。紙袋は、たたんで持ち帰るようにしてください。万が一担当者が不在の場合には、「年賀」と朱書きをした自分の名刺を添えて手土産を置いていきます。

会社によっては、特別な接待や賄賂につながってしまうことを懸念して、贈答品の受領が禁止されているところもあります。手土産を持参したい際には、事前に確認しておきましょう。

お正月ののしを忘れずに

お正月の手土産には、「御年賀」と記載したのしをつけるのが一般的です。そのほかにも、「お年始」、「賀正」、「謹賀新年」などを記載する場合もあります。のしの下段には、小さな文字で苗字を記載してください。もし、義実家に持参する場合には、苗字が同じであることも多いので、フルネームを記載するようにします。のし紙については、基本的には紅白蝶結びという一般的なお祝いに用いられるデザインのもので構いません。

万が一喪中の場合には、「御年賀」ではなく、「寒中見舞い」と記載するようにしてください。

お正月の挨拶はいつまでに済ませる?

お正月の挨拶は、元旦から7日までに済ませるのがマナーとなっています。関西の一部の地域では、「松の内」である15日までに済ませるというところもあるようです。お正月の挨拶の際に持参する手土産は「お年賀」と呼ばれていますが、お年賀はお歳暮やお中元のように郵送することはできません。

お正月の手土産にぴったりなお菓子の選び方

お正月の手土産の定番といえば、やはりお菓子です。ここでは、手土産として最適なお菓子を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

お正月らしい華やかなもの

お正月に持参する手土産は、華やかでおめでたいものがおすすめです。干支にちなんだクッキーや、紅白ものもよいでしょう。また、冬季限定の商品や、季節のフルーツを使用したゼリーなども喜ばれます。

常温で長期間保存できるもの

お正月は、おせち料理などの豪華な食材で冷蔵庫が埋まってしまっている可能性が高くなります。そのため、できれば冷蔵保存が必要な手土産は避けておくのがおすすめです。また、お正月にはご馳走が沢山あり、手土産を全て食べ切るのが難しいというケースも少なくありません。そのため、焼き菓子やおかき、かりんとうなどの常温で長期間保存できるものを選ぶとよいでしょう。

相手の好みに合うもの

より相手に喜んでもらうためには、やはり相手の好きなものを事前にリサーチしておくのが重要となります。 好物がわからないという場合には、事前にさりげなく尋ねてみるとよいでしょう。手土産を渡す際には、「お好きだと伺ったので」と一言添えることで、相手のことを考えた上で手土産をチョイスしたことが伝わります。

個包装になっているもの

親戚が多く集まる場所や、人数の多い部署の担当の方に手土産を持参する場合には、個包装されたお菓子を選ぶのがおすすめです。とくに、焼き菓子やキャンディー、おかき、せんべいなどが定番となっています。みんなで分け合って楽しんでもらったり、自宅に持って帰ってもらえたりと、喜ばれること間違いありません。

まとめ

今回は、お正月に持参する手土産の渡し方や、手土産として最適なお菓子の選び方などを詳しくご紹介しました。手土産を持参してお正月のご挨拶をすることで、昨年お世話になったことへのお礼や日頃の感謝を改めて伝えることが可能です。ぜひ、上質なこだわりのお菓子を用意して、挨拶に伺うようにしましょう。

東船橋にあります「Sugar Shack(シュガーシャック)」では、お正月の手土産として最適なギフト用のお菓子を多数ご用意しております。犬好きにはたまらないワンコ柄のオリジナルクッキーや、絵本の1ページを描いたような箱に詰められたクッキーBOX、卵・乳製品未使用のお菓子などが人気を集めています。予算やお好みに合わせたお菓子の詰め合わせもご用意いたしますので、ぜひお正月の手土産をお探しの方は、一度ご相談ください。

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829