ホーム>スタッフブログ>2020年6月

2020年6月

「はじめてのお誕生日ケーキ」リニューアルいたします。

202062712545.JPG

 

1歳のお子様とご家族が一緒に食べられるケーキを!との思いから誕生したシュガーシャックの「はじめてのお誕生日ケーキ」。

2020年7月からリニューアルいたします!

 

わたしの子供が1歳を迎える頃でした。

いわゆる「母親学級」で出会ったママさん達の声をヒントに作り上げたケーキです。

仕事大好き!ケーキ大好き”!お菓子に囲まれるの大好き!な私。

そうそう横に広がりを作ることもなく、大人になってからなんて、ますます新しい友達と出会う機会もなく。

そんな中で、出会えたママさん達は、色々な視野・価値観・考え方を知る事が出来た機会でした。

 

「そろそろみんな1歳になるけど・・・。1歳の子供でも安心しておいしく食べられるケーキがあったらいいね?」との声がありました。

ふわふわの赤ちゃんせんべいやビスケットなどしか食べていない子供向けに?

今までは考えてもいなかった事です。

初めてのお誕生日は、ケーキはパパママの好みのものを用意して、写真撮影できたら、大人がケーキは美味しくいただきま~す。の印象だったのですが、確かに、子供と一緒に、家族皆で食べられたら尚嬉しいかもしれない!!!!!!。と。

特に!「初めての1歳のお誕生日」は、パパママにとっては、思いもひとしおで、産まれてきてくれた1年前を思い、ともて大切なバースデーなのだと。

 

それから、どんなものが1歳の子に食べられるのか?

甘味や味わいがお子様にも大人のご家族も、それなりに「美味しい!」と思って頂けるようなケーキを・・と試作試作。

ママさんや赤ちゃんを招いて試食会をして意見を頂きました。

サイズや、価格、デザインなどなど、その当時のママさん達がたくさんヒントをくれました。

 

 

 

それから、今日まで、沢山のお子様にお召し上がり頂くことが出来ました。

 

 

ひとつひとつ手作りで作る「クマさんのマジパン」人形がポイントだったのですが・・・

ここ数年の材料の高騰や、時代の流れと共に働く時間も見直す事が増えた事などから、チョコレートのプレートに変更いたしました。

マジパンのくまさんは、ずっと一人のスタッフが作り続けてくれていたのですが・・・

もう、何体作ってくれたのでしょうか?

きっと、彼女は、今は目をつぶってでもクマさんが作れような気がします。笑。

今回のリニューアルでマジパン人形は無いけれど、素材は変わらず!作り方も変わらず!可愛らしさは大切に、思いも大切に、リニューアルいたします。

 

これからも、お子様にもご家族にも、大切な初めてのお誕生日をお祝いいただけますように・・・。

 

今では、遠く引っ越したお友達もいたり、すっかりSNSでしか成長を見れないお友達も多いのですが、数年前、みんなに出会えた事がこのケーキの始まりです。

どうもありがとう★★★

子供と一緒に、奪い合って食べてしまったマンゴータルト。笑

2020613122345.JPG

国産の苺が旬を終え、夏のフルーツを探しに・・・・。

青果店で出会ったマンゴーはとっても良い香りでした!

完熟間際のマンゴーをダンボールに詰めて帰宅。

マンゴーが大好きなわが子は、そのマンゴーを見ると「食べたい!食べたい!」と踊りだしました。

熟れる前のマンゴーは青みがかっており、それを追熟させてお菓子に使う事もありますが、今回はなんといっても完熟だったのでその香りに、子供の敏感な鼻は感じ取ったのかな?!

以前は、仕入れに子供も一緒に連れていって選んだものですが、今はそんな事も出来ず・・・。

いや、でももし、一緒に言っていたのならば・・・きっとこの完熟マンゴーを多いにおねだりされたことでしょう。よかった・・・。W

 

マンゴーと言えばシュガーシャックでは、夏になると石垣島や宮古島からマンゴーを仕入れてタルトやプリンにしています。

特に、旅行も兼ねていくときには、地元の道の駅やら農協やらをめぐっては贈答品のように高価ではないけれども十分に美味しいマンゴーを探す時間を作ります。

マンゴー農家さんが収穫したものを陳列する時間を事前にチェックし、それに合わせてお店で待ち伏せしてみたりもしました。

時には、某有名なフルーツパーラー?!さんへ下ろしているという農家さんのものに出会えたりもしました。

ただ、贈答品みたいに完璧なものではないのでキズがあったり、それこそ完熟間際だったりする為、航空便にのせる事が出来ないときも!

そんな時は、千葉まで持ち帰りです!

スーツケースの他に、マンゴーの箱も一緒に持ち帰り、シュガーシャックへ。

シュガーシャックの夏季休暇の後にはマンゴーのケーキが並ぶことは、一部の常連様は既に周知され、お目当てにお問い合わせや御来店される方もおります。

今年は、そのお楽しみは残念ながら出来なさそうですが・・・他の形で、入手できたら、お菓子に仕立てたいものです。

 

さて、今回の完熟マンゴーは、台湾産ながらも、その沖縄のマンゴーにやや近い香りと味わいがあるとか?!

先日、持ち帰った1切れは、子供と一緒に奪い合うように食べてしまいました。

おとなげ無し~~ですね。

 

毎日あるわけではなく、入荷のあった際にお作りしております。

お気軽におといわせ下さいませ。