ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>子供と一緒に、奪い合って食べてしまったマンゴータルト。笑
スタッフブログ

子供と一緒に、奪い合って食べてしまったマンゴータルト。笑

2020613122345.JPG

国産の苺が旬を終え、夏のフルーツを探しに・・・・。

青果店で出会ったマンゴーはとっても良い香りでした!

完熟間際のマンゴーをダンボールに詰めて帰宅。

マンゴーが大好きなわが子は、そのマンゴーを見ると「食べたい!食べたい!」と踊りだしました。

熟れる前のマンゴーは青みがかっており、それを追熟させてお菓子に使う事もありますが、今回はなんといっても完熟だったのでその香りに、子供の敏感な鼻は感じ取ったのかな?!

以前は、仕入れに子供も一緒に連れていって選んだものですが、今はそんな事も出来ず・・・。

いや、でももし、一緒に言っていたのならば・・・きっとこの完熟マンゴーを多いにおねだりされたことでしょう。よかった・・・。W

 

マンゴーと言えばシュガーシャックでは、夏になると石垣島や宮古島からマンゴーを仕入れてタルトやプリンにしています。

特に、旅行も兼ねていくときには、地元の道の駅やら農協やらをめぐっては贈答品のように高価ではないけれども十分に美味しいマンゴーを探す時間を作ります。

マンゴー農家さんが収穫したものを陳列する時間を事前にチェックし、それに合わせてお店で待ち伏せしてみたりもしました。

時には、某有名なフルーツパーラー?!さんへ下ろしているという農家さんのものに出会えたりもしました。

ただ、贈答品みたいに完璧なものではないのでキズがあったり、それこそ完熟間際だったりする為、航空便にのせる事が出来ないときも!

そんな時は、千葉まで持ち帰りです!

スーツケースの他に、マンゴーの箱も一緒に持ち帰り、シュガーシャックへ。

シュガーシャックの夏季休暇の後にはマンゴーのケーキが並ぶことは、一部の常連様は既に周知され、お目当てにお問い合わせや御来店される方もおります。

今年は、そのお楽しみは残念ながら出来なさそうですが・・・他の形で、入手できたら、お菓子に仕立てたいものです。

 

さて、今回の完熟マンゴーは、台湾産ながらも、その沖縄のマンゴーにやや近い香りと味わいがあるとか?!

先日、持ち帰った1切れは、子供と一緒に奪い合うように食べてしまいました。

おとなげ無し~~ですね。

 

毎日あるわけではなく、入荷のあった際にお作りしております。

お気軽におといわせ下さいませ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.sugar-shack.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5128