ホーム>スタッフブログ>2011年1月

2011年1月

2011年 新年会

IMG_0155.JPG

今年の新年会です。

いつもお世話になっているお店がお休みだったため、(・・・残念!)忘年会と同じお店にて開催しました。

今回は、スタッフの子供達もたくさん来ました。かわいいですね~!

 

 今回は、12月で退職したスタッフの送別会もか兼ねました。

優秀なスタッフの退職は残念でしたが、最後までたくさん支えてくれてありがとう!

 

 

  IMG_0152.JPG
  IMG_0153.JPG

依然、働いてくれていたスタッフも参加してくました。

なつかしい・・・!!


最後に・・・

これは、何だと思いますか!?

カリフラワーとブロッコリーのかけ合わせた野菜です。

見た目はお花のブーケみたいです!

スタッフからの頂き物です。

今年も、おいしいお菓子作りにスタッフ一同がんばります!!

どうぞ、応援よろしくお願いいたします。

  IMG_0150.JPG

 

クリスマスのディスプレイ

IMG_0023.JPG

今年もクリスマスの飾り付けをしました。

お気に入りの「どんぐり」の形の陶器にサンタを並べました。

この前、のブログで紹介した「姫りんご」とコットンを飾ったら、とってもクリスマスらしくなりました。

 今年は、窓際には手作りのフェルトをディスプレイ。

サンタクロースや、ツリー・・・、シャンピニョオ

ン。

実は母のお手製なんです。

  IMG_0028.JPG
IMG_0050.JPG

もうひとつの「お気に入り」の飾り。

オープン当初のクリスマスからずっと飾っている、オーストリアのガラス玉です。

手描きの何ともいえないやさしい風合いに一目惚れして購入したものです。

初めてオーストリアから届いたときはワクワクしながら箱を開けたのを思い出します。

あれから5回目のクリスマス。

割ってしまったガラス玉達もありますが、今年のクリスマスもよろしくね・・・・。

 右は、「プリザーブドフラワー」の講師の「立山さん」の作品です。お店にかわいい作品を飾っていただいています。

よーく見ていただくと、小さな天使が遊んでいるんですよ。

細かくて繊細な作りに愛情が込められています。

  IMG_0043.JPG

 

 

アルプス乙女のタルトの香り

IMG_0018.JPG

長野から届いた姫りんご「アルプス乙女」。

とっても小さくてかわいいりんごです。

今回は、皮ごと焼き込んでみました。

タルトにたっぷりと敷きつめて・・・、シナモンシュガーをかけて焼き上げます。

 焼きあがると・・・。

ほら!こんなにおいしそうな色になります。

タルトにりんごの果汁が染み込んで、オーブンから漂う甘い香りに

「ケーキ屋さんならではの特権だな~!」と思いました。

  IMG_0040.JPG

2010年 忘年会

IMG_0002.JPG

2010年、忘年会&クリスマスに向けての団結会?をしました。

今年は、20歳前後の若くてパワフルなスタッフがたくさん!

このメンバーを新しく迎えてクリスマス、そして年末年始をがんばります!

 東船橋に新しくオープンしたイタリアンのお店でお世話になりました。

パスタや、ピザや、炭火焼のお料理がとてもおいしかったです!!

スタッフに一番人気は「渡り蟹のパスタ。」でした。

  IMG_0012.JPG

能登半島へ・・・。

  IMG_5089.JPG

 連休を利用して能登半島へ行ってきました。

以前から「一度行ってみたいな。」と思っていた場所です。

左は「千里浜ドライブウェイ」。日本で数少ない、砂浜の上を走れる公道だそうです。タイヤの跡や、小さく写る車が見えますか・・・?

せっかくなので、レンタカーでたくさん走ってきました。

 超有名なパティシェ「辻口シェフ」のミュージアム。

温度管理された部屋に、大きくて芸術的な作品が並んでいました。

生まれ故郷でこうして立派に施設やパティスリーを建てているスケールに、只々素晴らしいとびっくり・・・。

 もちろん、おいしいケーキもたくさん頂きました。

地元名産の素材を使ったお菓子がたくさん。シェフの故郷愛でしょうか・・・?

  IMG_5068.JPG

IMG_5060.JPG

 

 

 今回、一番印象に残ったのはこの「能登丼」です。

能登半島の色んなお店で、能登の名産品を生かした、いろんな種類のどんぶりを名物にしているようです。

僕が立ち寄ったのは、空 港でお勧めされたお寿司屋さん。

どんぶりの上では、さばきたての切り身や貝が動くほど新鮮で美味!!数え切れないほどの具の種類がのせてあり ました。

ぜひ!もう一度味わいたい!!

 

 金沢では、気になっていた「21世紀美術館」へ。

右は、まるでプールの中に沈んでいるような不思議な感覚になる作品、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」。

水面からは、誰かが中に沈んでいるように見えました!

 

今回、時間があまりなく行けなかった、名所の「兼六園」。

いつかまたまた、能登丼とセットで(笑)?!訪れてみたいです・・・。

  IMG_5134.JPG